チームしゃちほこが、12月10日にリリースする新曲「シャンプーハット」のミュージックビデオを公式YouTubeで公開した。

resize02


この曲は、ゲスの極み乙女。&indigo la Endのフロントマン川谷絵音が手がけている。川谷絵音が女性アーティストの作詞・作曲を手掛けるのは今回が初。サウンドが次々とアグレッシブに展開しながらも、最終的な仕上がりはポップで叙情的という川谷の持ち味は発揮されているが、とにかく「シャンプーハットを濡らさないで」というサビがいつまでも耳に残る曲だ。川谷は、「シャンプーハットというやけに古い言葉を使ったのは、昭和のアイドルを思わせるような圧倒的な存在になって欲しいと思ったから」とこの曲の由来を語っているが、今回公開されたミュージックビデオでもシャンプーハットは多用され、メンバーそれぞれのカラーである6色のシャンプーハットが不意をつくように印象的に登場する。シャンプーハットという昨今は生活と縁遠くなった言葉を敢えてキーワードにしながら高校生の日常を描いた歌詞が、不思議と見事に映像とリンクしている異色の作品だ。

だが、奇抜ながらも物語性の高いこのMV、関和亮が監督を務めたと聞いて納得できる。関和亮は、Perfumeやサカナクション、さらには全世界で話題沸騰中のオーケー・ゴーの最新PVも手掛けた監督だ。今回の「シャンプーハット」は、意外なことにチームしゃちほことしては初の学園恋愛ソングということで、彼女たちの等身大の姿を映し出そうと初めて制服姿で撮影されたということだ。



この映像について、監督としゃちほこの全メンバーからのコメントも届いている。
「今回は一人のシーンが多いのですが、撮影ではメンバー個々に真剣に取り組んでいて、シュールな設定にもうまく順応してくれていました。ただ、全員揃うと、とっちらかり具合がすごく、撮影中は先生になったような気分でした。」――関和亮

「今までのMVで一番青春しています♪」――秋本帆華(名古屋レッド)

「制服で動いてる私たちはレアです、しかも演技に挑戦しています!」――咲良菜緒(マリッジブルー)

「チームしゃちほこが普通じゃないです(笑)」――安藤ゆず(ポニー・ピンク)

「どこかシュールで、シュールなんだけど真面目に演技しているところが見どころです!」――大黒柚姫(むらさきパープル(仮))

「いつもより真面目なMVだと思ったけど、いろんな所に次のシングルのキーワードが出てきて、チームしゃちほこのMVはやっぱりシュールだと思います!」――坂本遥奈(手羽先キミドリ)

「制服姿はあまり見れないのでお見逃しなく!」――伊藤千由李(ういろーイエロー)

なお、「シャンプーハット」はシングルのリリースに先駆け、2014年11月12日よりiTunes Storeにて独占先行配信されている。


ニューシングル「シャンプーハット」

2014年12月10日発売
[初回限定名古屋盤(CD+DVD)]
WPZL-30953/4 ¥2,000(税込)
DVD:名古屋で2014年9月28日行われた<BOMBER-E Iナイト秋まつりスペシャルLIVE>の模様を収録。
抽選応募用シリアルコード封入
[通常盤(CD)]
WPCL-12008 ¥1,200(税込)
1.シャンプーハット(作詞作曲:川谷絵音、編曲:CMJK)
2.Sweet Memories(作詞作曲編曲:浅野尚志)
3.It’s New 世界(作詞作曲:井上トモノリ、編曲:youth case)
4.シャンプーハット Off Vocal Ver.
5.Sweet Memories Off Vocal Ver.
6.It’s New 世界Off Vocal Ver.

<鯱詣2015>
2015年1月3日 愛知県体育館
OPEN/START 16:00/17:00
チケット一般発売日 2014年11月22日(土)10:00~
全席指定:¥6,800 (税込)
※チケットはお1人様2枚までとなります。
※3歳未満入場無料(ただし保護者1名に対しお子様1名まで膝上観覧可能、お席が必要な場合はチケット必要)
ファミリー席:¥6,800 (税込)
※チケットはお一人様4枚まで申し込み可
※小学生以下のお子様が必ず1名含まれるグループ席になります。ご入場の際は必ずご来場者全員でご一緒にご入場ください。 
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

記事元: http://www.barks.jp/news/?id=1000109619